お話

十人の人がつぶやいた。
百人の人々が思った。
千人の人々が忘れてしまった。

皆さんは夢のような、現実にはありえない願いを持ったことはありますか?でも、どうせは夢の話
と言って忘れてしまったかもしれません。

そして一人の少女が言ったのです
「花も私たちと同じ人間みたいになればいいのに・・・いや、人じゃなくて私を驚かせるような、ものになったらいいのに。」

きっと彼女は、ふと心の思った願いをつぶやいただけなんでしょうね。叶うわけがないんですから。

でも、もしもその願いが叶なってしまったら・・・いやもう叶ってしまったみたいです。ある一人の
人物によって。

人間に善人、悪人がいるように助けてくれるモノばかりではないでしょう。昨日まであった私たちの私の世界が変わっていく・・・。









 

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ