黒蝶の姫

 
銀魂長編作品
―黒蝶の姫―



鉛色の空と対照的に、
地面は艶やかな色。



辺りを見渡す。
そこには私しか立っていなかった。



今日も…
友を守れず、仲間を守れず、
また身体がに染まった。


身体だけじゃない。
己の魂をも……戦は赤く染め上げる。



貴方の『』だけは見たくなくて、
貴方が『』を纏っている姿を見たくなくて



私は逃げたんだ。



戦からも、仲間からも、友からも、



貴方からも……………




 

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ