天空のその上で…

□君と紡いだ時間
1ページ/16ページ

 沈む太陽の残滓が描く、黄色い陽射しの中、遠く呼びかける声が、聞こえた。

 まばゆい逆光で、何もかもが現実離れして見える、一瞬の狭間。

 声を頼りに振り返った少女の視界を、ぎらついた陽光が襲った。


「ママ、どこぉ……?」

 同時に目眩に似た光の衝撃を受けて、七海はゆっくりと眼を閉じた。



 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ