夢物語

『はなのいろ』実の姉と姉女郎を亡くした浜木綿のもとに現れた藩留守居役の老人。
『死を待っているくらいなら自分について来なさい』妹女郎や郭の仲間と別れ吉原を出た浜木綿は、佐奈として新しい人生を歩み始めた。
幸せとは何か、恋の意味とは。生き甲斐など何もなかった佐奈が見つけるこたえとは−−
『はなのいろ』いよいよ完結間近!!

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ