リクエスト作品

□今は、それでいい
1ページ/5ページ

今日は週に一度の、ギルドのプールの一般開放日。

「仕事が入っていない者は、なるべく顔を出して地域の人々と交流を持つように」というマスターの考えで、また収穫祭の直後で仕事も少なく、その日はほとんどのメンバーがプールに顔を揃えていた。


プールサイドには、周りの視線を集める美少女が二人。

「ル、ルーシィさん……ジュビアやっぱり恥ずかしいっ///」

「何言ってんの!せっかくこの日の為に選んであげたんじゃない。ほらほら〜勇気出してvvv」

普段あまり肌を見せない服装ばかりのジュビアだったが、キリッとした印象のマリンブルーのビキニが、透き通るような白い肌に映え、クールビューティな彼女にとてもよく似合っていた。

「あ、あの…グレイ様。」

「ああん!?」

「どうですか、今日のジュビアの…こ、この……///」

「だから、何がだよ…変な奴だな。」

そう言いながらも、満更でもなさそうなグレイ。

「……ってか、水着も付けてない人に言われたくないよね;;」

「うおっっ!?い、いつの間に……???」

「ああ〜ん、ジュビアの意気地なしっ///!!!」

身体をクネクネとよじらせるジュビア。


レビィは、カナと共に少し離れたパラソルの下のテーブルに腰掛け、ジュースを飲みながらその微笑ましいやりとりを眺めていた。

「ジュビアも、このギルドに馴染んできたみたいだね。いつの間にか、ルーちゃんともあんなに仲良くなって。」

「ああ。ちょっと不器用だけど、根は本当にいい子だからね。ルーシィも『恋敵』の誤解を解きたいってのもあって、一緒に水着選びに行ったみたいだよ。」

「へぇ〜!!」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ