小説1

ひぐらしの声がまた1つ聞こえた。

君の声も聞こえないくらいに・・・。

五月蠅いほどの鳴き声が。

今日もまたアナタを信じて生きていく。

手を伸ばせば届く距離。

何気ない日々が続いていく・・・。

私たちの小さな幸せが。




表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ